はっくんの外厩予想部屋

競馬は外厩でだいたい当たるのでぇ

祖先の足跡 ~桜花賞~

 

昨年の桜花賞ブログで書きたいことは全て書きました。

 

kanomisaku.hatenablog.com

 

 

それなのに外したことには触れないでください()

 

デアリングタクトがいたこと、昨年のノーザンFが弱すぎたこと。

 

これが敗因です。

 

今年の3歳重賞を見る限り、ノーザン外厩馬が例年通り強いので、今年は昨年の考え方で大丈夫だと思います。

 

天栄としがらきで桜花賞の勝ちパターンが違う

 

昨年のブログから引用

・ノーザンF天栄

天栄は、ルージュバック メジャーエンブレム アエロリットと出走させてきたが、本番で全て圏外。共通点は2月のレースのきさらぎ賞クイーンCを使ってからの本番。

じゃあどうすれば勝てる?

もっと間隔をあければいい!

これが答え。シンザン記念や朝日杯からのローテでアーモンドアイとグランアレグリアは簡単にクリア。

このレースの勝ちパターン、王道ローテを天栄は見つけてしまった。

 

今年の天栄馬

サトノレイナス 前走 阪神JF

アカイトリノムスメ 前走 クイーンC

ファインルージュ 前走 フェアリーS

ソングライン 前走 紅梅S

ホウオウイクセル 前走 フラワーC

ジネストラ 前走 アネモネS

ククナ 前走 クイーンC

 

天栄の王道は、年明け初戦の直行ローテもしくは間隔を空けることができる1月からのローテ+関西遠征を経験しているかどうか。

クイーンCアネモネSフラワーCはアウト

 

・ノーザンFしがらき

今までの王道ローテはチューリップ賞でした。

チューリップ賞からしがらき仕上げの馬は安定感あるけど勝ち切れない。

チューリップ賞からだと間隔が短く、外厩も使いづらい。じゃあクイーンC??

2019年のクロノジェネシスとビーチサンバ

チューリップ賞ではなく 少しでも間隔をあけて外厩を使えるようにクイーンCを選択してました。

それでも勝てなかった。アドマイヤミヤビも同じローテで勝てませんでしたよね。

これは関西馬が関東へ輸送があるのが難点なんじゃないか?

じゃあどうする?天栄と同じく直行してみる?

それを決行したのが昨年のリアアメリ

私も自信の本命でした。

が、勝てませんでした。

 

しがらきは未だに、桜花賞の勝ちパターンを見つけられてないんです。

2020年

レシステンシア 2着 前走 チューリップ賞

ヤマザクラ 5着 前走 クイーンC

リアアメリア 10着 前走 阪神JF

2019年

クロノジェネシス 3着 前走 クイーンC

ダノンファンタジー 4着 前走 チューリップ賞

ビーチサンバ 5着 前走 クイーンC

2018年

ラッキーライラック 2着 前走 チューリップ賞

リリーノーブル 3着 前走 チューリップ賞

フィニフティ 12着 前走 クイーンC

2017年

リスグラシュー 2着 前走 チューリップ賞

ミスエルテ 11着 前走 朝日杯FS

アドマイヤミヤビ 前走 クイーンC

2016年

シンハライト 2着 前走 チューリップ賞

2015年

クルミナル 2着 前走 チューリップ賞

2014年

ハープスター 1着 前走 チューリップ賞

最後に勝ったのがハープスターですからね。相当苦戦してます。

 

しがらきが勝ちパターンとして使えるとしたら、昨年のデアリングタクトのローテ。

エルフィンSという選択肢。

ここを勝って桜花賞へ直行してきたら本命にしようと思ってたんですが、今年の勝ち馬サルファーコスモスは骨折リタイア。

 

今年のしがらき馬

ソダシ 前走 阪神JF

アールドヴィーヴル 前走 クイーンC

メイケイエール 前走 チューリップ賞

ストゥーティー 前走 チューリップ賞

ミニーアイル 前走 フィリーズレビュー

 

直行ローテでも、クイーンCでも、チューリップ賞でも、安定感はあるけど勝ち切れてないしがらき組から手を出すのは危険かなと。

 

じゃあ天栄の選択肢だよね。

先程触れたように、本命にするとしたら3頭

サトノレイナス 年明け初戦の直行ローテ

ファインルージュ フェアリーSから

ソングライン 紅梅Sから

 

ファインルージュは関西遠征を経験してないダメパターン。プリモシーンと同じですね。

偶然なのか厩舎も同じという。

 

残り2頭、サトノレイナスかソングライン

2頭とも前走ルメールが乗ってました。

それでサトノレイナスを選んだってことはそういうことなのかなと。

 

でも、ココがミソ

 

ルメールが乗れない

そして選ばれたのが

 

池添謙一

 

という訳で。

 

f:id:kanomiSaku:20210403144748j:image

◎◎◎◎ソングライン◎◎◎◎

素質馬が複数いてルメールが乗らない

選ばれたのが池添謙一

このパターンって結構な確率で池添謙一が勝ちます。

これが彼の勝負強さです。

 

思い出してください。

記憶に新しいのが安田記念

アーモンドアイにルメールが乗り、勝ったのがグランアレグリア 代打騎乗の池添謙一

アイビーSもバニシングポイントを選んだルメールにオーソクレースで勝ちました。

 

共にノーザンF天栄の馬でした。

 

池添謙一さんココしかないでしょ!!

 

池添謙一の勝負強さの他に馬も相当強い可能性があります。

 

f:id:kanomiSaku:20210410173522j:image

2020年の2歳戦 東京マイル最速タイムはソングラインです。同日の赤松賞を勝ったアカイトリノムスメより速く、アルテミスSのソダシよりも速いです。

 

歴代の2歳東京マイルで比較してみてもこの通り。

f:id:kanomiSaku:20210410173450j:image

サリオス、ダノンプレミアム、グランアレグリアなどGIで通用してる馬ばかりです。

 

ソングライン

 

普通に強いんじゃね????

 

ルメールが選んだほうが強かったね

で終わるのか

それとも

池添謙一の勝負強さが勝つのか?

 

私は池添謙一の勝負強さを信じます。